TAFUYA.COM

世の中のことを研究しています

インドオフショアビジネスについて

IT業界はもはやインド人抜きには考えられない。気がつくと日本にもかなりのインドIT技術者が増えてきていると感じている。インドオフショアビジネスが今後さらに多くなってくるだろう。ここで、インドオフショアを利用の際の注意点について考察したい。

 

・インド人の考え方について

育ってきた環境や文化の違うメンバーと仕事を一緒にすると確実に意識齟齬が発生する。日本人が常識と考えていることは必ずしもインド人の常識ではない。暗黙の了解なんてものはまず通じない。まずは彼らが何を考えているのか思考回路を理解する必要がある。そのために、一つ一つコミュニケーションを行い、彼らの意見を聞きつつ、なぜそう考えるのかを引き出し、そして理解する必要がある。

・時間の感覚について

インド人と働くうえで確実に出てくるトピックがこれである。私の感覚だと10人中7人が時間にルーズである。時間の感覚を日本人と合わせるのか、それとも妥協するのかが問題だ。なお、町が急速に発展したことでインフラの開発が追い付いていないため、交通機関や車が時間通りに動くことは少なく、物理的に遅刻の発生確率が高くなることも理解しておく必要がある。

・スケジュール管理について

インド人は途中経過がでてこない。終わりよければすべてよしの精神で途中経過をレポートすることをとても嫌がる傾向にある。ただ、こちらとしてはプロジェクトが問題なく遂行されているかどうかモニタリングする必要があるため、スケジュール管理の方法についてもしっかりルール作りと意識合わせを実施する必要がある。

 

To be continued...